サンプル画像

あらゆる自然災害、事故に備える保険

損害保険は身の回りで発生する様々な予期せぬ自然災害や、事故などにより生じる様々な損害に合理的な自己の負担で備えるたるためのもので、安心して暮らすための保険です。損害保険は、実際の損害の額に応じて支払われる実損払いの保険で、予め定められて額の支払いを受ける生命保険とは区別されています。しかし、損害保険の中には生命保険の分野とも、どちらとも言えない人の怪我や病気に備える保険も含まれます。これらは生命保険会社でも、損害保険会社でもどちらでも取り扱うことが可能です。日本における近代の損害保険は、1878年の海上保険にはじまり、1887年には火災保険、1911年に傷害保険が登場しました。

関連リンク